「その1」の続きです。

18:30 開場。
7列目、横の位置は舞台の向かって右端と同じくらい。私の右隣は通路用に少し広く開いているので、余裕がある席でした。
和楽器バンドライブでは毎回いるのが、ゆう子さんを意識したコスの人。衣装だけなら「すごい気合の入り様だ」と感心しますけど、盛り髪に簪をたくさん挿している人は…正直、迷惑です。危ないし。
黒流さんも毎回TwitterやFCブログで注意喚起しているのに、自分のことしか考えてないんだろうな……。
そういう人が前に来なければいいなーと思ってましたが、有難いことに来ませんでした。
開演数分前から雨粒が大きくなってパツパツ身体に当たり始める。「あー・・・」とがっかりしつつ、周囲に倣ってレインコートを着用。

19:00 ライブ開演。
名目上は「コンサート」なんだけど、ライブと呼びたいのでライブと呼ぶ。
総立ちでメンバーを迎え、表情が肉眼で見える近さに感動しました。一番よく見えるべにさん、すごい美人で興奮しました。
1曲目「なでしこ桜」に続いて「valkyrie-戦乙女-」。そういえば雨は?と思ったら、ぜんぜん降ってなかったので、レインコートをささっと脱ぐ。
「六兆年と一夜物語」で手拍子&「全人類」部分を叫んで、「鋼」「反撃の刃」「Strong Fate」。
そしてゆう子さんが詩吟を披露。徳川家康は富士山を愛でていた、ということで「富嶽」という詩を。
続いて初披露の新曲「起死回生」。リオ五輪のテレビ東京中継テーマ曲に使用されるやつです!
ゆう子さんが意味ありげに亜沙さんに振ったので、亜沙さん作詞か、と思っていたら黒流さん作詞&作曲でしたw
「なんだその意外そうな顔は!亜沙くんの作詞だと思ったか」(by黒流)
思ったwww
曲はまさに「お祭り!」て感じにアップテンポで、すごく楽しい曲です。「鋼」もそうですが黒流さんの曲は面白いですね。
次に「遠野物語:四四」。猿の経立にちなんで、ゆう子さんが猿面を付けて舞います。
そして「追憶」は町屋さんボーカルにサビで亜沙さんがハモるという初めてのスタイル。曲調も通常よりスローテンポでゆったりとした雰囲気でした。
続く「虹色蝶々」。後半で歌詞を間違える場面もありましたが、それもライブならではですね(*´∀`*)
そして「ドラム&和太鼓バトル」でしっとりした空気が再度ヒートアップ。
「和太鼓どーーーん」「ドラムもどーーーん」「とうしょうぐーーーう」「家康こーーーう」と叫びまくる。
この勢いのまま「星月夜」。イントロ、間奏で腕を振りまくります。
ラストは「暁ノ糸」をゆう子さんと一緒に合唱。そしてメンバーは退場です。
アンコールも恒例の「暁ノ糸」合唱。特に事前の打ち合わせがなくても、誰か一人が歌い始めれば全員歌います。
屋外で思い切り歌うと気持ちの良いものですね~
何回ループしたのか分からなくなった頃にメンバー再登場。ここで山葵さんが背中の文字を披露です。
「鈴鳴龍」でした。山葵さんの「カーーンってやったらグアァーってなるやつ」という説明に笑うw
アンコール後1曲目は新曲「ミ・ラ・イ」。新曲は「起死回生」だけだと思ってたので驚きました。
こちらはゆう子さんの作詞で、テレビ東京系リオ五輪中継「応援ソング」に起用されるみたいです。
2曲も使われるとは何て豪華なんだ。テレビから流れてくるのが待ち遠しいです。
ゆう子さんからの「初めての曲だけど皆にもノって欲しいです。サビでは空に拳を突き上げてください」という指示に従い、みんなで拳をグーっと突き上げる。応援歌らしく、元気の出る歌です。
ラストの曲は「千本桜」。歌詞的に奉納ライブでは無理かも?と思っていたので、セトリに入ってて嬉しかったです(^▽^)
「わんつーさんし!」の部分と2番目のサビを合唱。大盛り上がりでライブ終了となりました。
メンバー退場の際、山葵さんが投げたドラムスティックがなんと私の方に!!
手を伸ばしましたが、隣の隣の人がキャッチしてしまいました。
ふおおおおお悔しい!!。゚(゚´Д`゚)゚。こんなチャンス二度と無いよ!!!
見ると若干折れてました。キャッチの際にどこかにぶつかったのか、折れてるやつだから投げてくれたのか。
兎にも角にも羨ましすぎて結構ヘコみました。
帰りはツアーパックに含まれるシャトルバスを利用。ツアーじゃない方々はバスの最終便が終わっているので、徒歩かタクシーなどで駅へ向かったみたいです。
セットリストの看板、twitterのログを見るにどこかにあったみたいですが、バスに乗るため途中で道を逸れたので、写メることができませんでした。残念(><)

ここ10年、この日付は雨天だったらしいですが、幸運なことにライブ中は雨に見舞われることなく過ごすことができました。
私自身も、2週間前から長期予報と睨めっこして「絶対雨だわーこれ」と思いながら青森を発ったので本当に嬉しかったです。
初参戦の野外ライブで色々と不安もありましたが、今となっては「行って良かった」と心の底から思います。
今回のセットリストは 場所柄もあってか割と落ち着いた曲目で、大人向けな歌詞を含む曲は控えているようでしたね。念のためマフラータオル持参したのですが、タオル曲は無しでした。
あと今回のライブは映像化されるということで、カメラもたくさん入ってました。日比谷野音のように何かの特典映像になるのでしょうか?もしかしたら私も映り込んでるかも(笑)

~今回ゲットしたグッズ~

DSC_0253DSC_0258

和太鼓どーーーん!なTシャツと日光東照宮限定Tシャツ。和太鼓Tシャツは背面に太鼓のバチ、袖のところに黒流さんシルエットが刻まれたイカしたデザイン。襟がV字になってて着やすい。

DSC_0259これ可愛すぎて、サイトでグッズの紹介見た瞬間から絶対入手したいと思ってました。
「見ざる、言わざる、聞かざる」の大さんバージョン。墨絵チックなのが良い。
私の前に並んでた人が10個以上これを買ってたんだけど、誰かに代行を頼まれたのか転売目的か知りませんが、買いすぎじゃないかと思いました。せっかく現地まで足を運んで、長時間並んだのに買えない人とか出たら可哀想です。
数量限定ですから販売スタッフさんの方も「一人に付き○個まで」って制限を設けた方が良かったんじゃないかなと。いつぞやニュースになってたスタバの福袋みたいなことにならないように。

DSC_0257フード付きタオルを撮ろうと思ったらいくらちゃんがくつろぎ始めた!邪魔www

【追記 物販について】
ツィッターのログを見てると、やっぱりグッズを買えなかった人、結構いたみたいです。
そもそもの準備数が少なかったみたいですが、その上に、上記の買い占め。
欲しいのを全部ゲットできた私は幸運だったんですね。
私も物販の時は、割り込みされたりと嫌な思いもしました。
販売スタッフ側にも思うところはありますが、ファンのマナーや節度ってバンドの評価にも影響すると思いますし、これ以上悪くならないことを祈ります(-人-)

10