【第一回 八重流総会 東京夜の部 その1】の続きになります。

「郷愁の空」披露後、メンバーは一旦ステージから退場。
その隙に、もう少しでもマシに見える場所が無いものかと周囲をキョロキョロ。見ると、入り口付近のスペースが1段高くなっており、人も少ないことに気付きました。
こそこそとそこに移動してみたところ、前の位置よりずっと見やすくなりました!前に詰め掛けてるお客さんより頭半分飛び出してる感じで、ステージからちょっと距離が開いたのでより全体を眺めることもできて、ありがたやありがたや。
あいかわらず柱は邪魔で、べにさん山葵さんの当たりは見切れてたけれども( ´^` )
さて、和楽器バンドが一時退散したステージでは、スクリーンに映像が流されます。
「2016年10月 和楽器バンド 解散!」
はいーー?(´ºωº`)お客さんから上がる悲鳴ww
「新プロジェクト始動」
お?
「超和楽器バンドZ」(読:すーぱーわがっきばんどぜっと)ド○ゴ○ボーるのタイトル風。
スクリーンに映し出される亜沙さんの写真&「和太鼓 亜沙」の文字。それを見た瞬間、察しの良い人から歓声が上がる。
楽器シャッフルキタコレェェェ!
続々と担当パートが発表。
亜沙さん→和太鼓 ゆう子さん→ベース 町屋さん→尺八 聖志さん→三味線
大さん→箏 べにさん→ドラム 山葵さん→ギター 黒流さん→ボーカル
ちょwwwまじかよ黒流さんボーカル!黒鴉組!
黒流さん、扇子を手にお立ち台へ。歌う曲は「追憶」。
………いや、もう、興奮しすぎてよく覚えてないんですけど。とりあえずもっかいお願いします。
山葵さんは町屋さんポジだから当然コーラスも担当なのですが、「涙」「なみだ」「落ちて」「落ちてぇ!」「光る」「光るぅ~!」クソ笑った。「苦しくて」「苦しくて」「苦しくて」「苦しくてぇ」「苦しいのか?」「苦しいよーーー!」苦しそうだったw
そしてみんな真面目に演奏頑張ってる中、亜沙さんがフリーダムすぎた。基本、太鼓のバチを両手に踊ってる。合間合間に鉦を鳴らす。とても適当(褒め言葉)ww
黒流さんも終盤にかけて「ソイヤッ」「ィヨーォ!」とお馴染みの掛け声を混ぜ込んできて、ずっと笑いっぱなしでした。
べにさんのドラムとか聖志さんの三味線とか、絶対かっこいいのに見えなかったのが残念( ノД`)
曲が終了し、黒流さんと山葵さんのMC。
「俺と山葵の歌がずれてたのはワザとです。全ては計算しつくされているのです」
「超和楽器バンドZ(SWZ)、目標は東京体育館2daysです!」
「しかし、SWZは今日をもって解散します!!」
解散しないでぇぇぇぇ!
惜しまれつつSWZ、終了。
前説の方いわく、東京体育館の件については協議が必要ですね。との事。大新年会で復活なるか!?
続いて、「格付けチェック」コーナーに。AとBを比べて、どっちが高級かを当てるやつです。
最初は全員一流からのスタートで、諭吉でできた扇子とキラキラの襟巻きを付けてドヤ顔。大さんは昼の部で「三流」になってしまったため、「真の実力」を示すために気合が入ってます。
1問目「岡山産高級マスカット」vs「スタッフの実家で採れたマスカット」
岡山出身の山葵さんが見事正解。聖志さんは実家マスカットが気に入った様子で「毎年送ってください」
不正解で二流になった人は諭吉と襟巻きを没収されて「一流ぶってごめんなさい」の襷をかけられます。
2問目「高級グラス」vs「100均グラス」
これは全員回答が一致していて、空気を呼んだ亜沙さんと町屋さんがあえて間違った方へ。ロック魂により二流に降格。
3問目「マヌカハニー」vs「コンビニで買った蜂蜜」
これがヨーグルトに混ぜられていたために、全員とても迷っていました。
町屋さん「なんで混ぜちゃったかなぁ」
山葵さん「僕、普段からマヌカハニー食べてるのに。これ間違えたらやばいな……」
大さん「僕には見えましたよ。木か草かわからないですけど、マヌカの花畑が。栽培してるヒゲのおじさんの顔まで見えました」
→結果、外してました(笑)
4問目「高級なシェイカー」vs「普通のシェイカー」
前説の人が振る音で判断するんですが、いまいち上手に振れなくて何度かやり直しw正解を見た後で山葵さん「これ持ってるやつだ!」
最終的に三流になったのがゆう子さん、町屋さん、大さん、聖志さん。最下位を決定するためにジャンケンをし、最後は町屋さんvs聖志さんに。
聖志さん「ついに本気で勝負する時が来ましたね」
相手の手の内は読めている、と言いつつ、あいこが3回くらい続き、最後は聖志さんが負けました。
町屋さん「ていうか、僕はさっきあえて二流に落ちたんだから、そもそも勝ってるんだけどね」
確かにwww
聖志さんは罰として、辱めを受けることになります。みんなの後ろであれやこれやされています。特に大さんがとても楽しそう。
ちなみに最後まで一流を守りきったのはべにさんのみ。「よりによってお前が残ったのか!」って言われてました。
あれやこれやされ終わった聖志さん、みんなの「きよしくーん!」コールで振り向き。
服の上からブラジャー(白)、アフロヘア、頭から飛び出る吹き戻し(吹いたらピューッてなる玩具)、顔に落書き。原型をとどめていませんw
聖志さんはそのままに、「起死回生」に入ります。聖志さんがお立ち台の上でサビの振り付け見本。踊りたいなーと思ってたので、ダンスは苦手ですが必死にインプットしました。
黒流さん「聖志がこんなでもいけるかーーーっ!」「オーーー!」
最初は三本締めから。歌いながら、聖志さんの方見るたびに噴出しそうになってるゆう子さん。箏ソロのパートでは吹き戻しをピィィーーーーと頭から炸裂させながら箏の繊細な音を奏でていて、ギャップがやばい。
最後も三本締めをして、聖志さんを真ん中にしてみんなで記念撮影。
MCの間、聖志さんは辱めを解くために一旦退場。通常モードに戻ってからMCを遮ってステージに戻ることができず、舞台袖で某立ちしていた聖志さん、「小学校の劇の発表会で出てこれない子みたい」と言われる。
続いて、みんなお待ちかねの八重流テーマ曲「守りたいひと」。「今日歌わなきゃいつ歌うんだ、ってね」とゆう子さん。
総会で生で聴けるのを楽しみにしてたので、感動しました(*´□`)八重流で良かった……!と思いました。
ラストの曲は「暁ノ糸」。お客さんも合唱。
最後のMCで、ゆう子さんは「総会に参加できなかった八重流が沢山いるのを、私たちもわかってます。これから回数を増やして、色んな所で総会ができれば良いと思ってます」と言ってました。そうなると嬉しいですね、実現すると良いなぁ。
アンコールは無くて、聖志さんの終了アナウンスをもって「八重流総会 東京夜の部」は終了。
私はドリンクコーナーの近くにいたのでいち早く交換に一旦ですけど、渡してもらう時にスタッフさんが勢い余って腕にバシャーってかけられちゃいました。ブレスレットライトがびしょ濡れになったから「壊れたぁ!?」と焦りましたが大丈夫でした(^^;)

八重流総会の記念すべき第1回に参加できて、本当に幸せでした。いつも後方にいる黒流さん、聖志さん、山葵さんがバンバン前に出てきて喋ってたし♪
あ、山葵さんの背中の文字は「フロントマン」でした。
前のブログで書いた苦言も本音なので、これから改善してってくれれば良いなと思います。
個人的には会報も販売じゃなくて年1回でいいから送って欲しいところだけど(´›﹏‹`)デジタル会報だけかと思ってたから、媒体を手元に残せるだけ御の字でしょうか。
FCライブなだけに曲数少なめトーク多めの内容で、八重流的には大満足でしたが、同伴で参加した一般の人は楽しめたのかな?とちょっと疑問。普段から八重流ブログとか見てメンバーのことを把握してないと、半分も楽しめないんじゃないかなと。
次の総会は、本当の「八重流限定」になると良いですね( ˘ω˘ )
さて次は、「大新年会2017」ですね。ありがたいことに、2日目「桜ノ宴」アリーナAブロックに当選できました!最初のFC先行で、第一希望アリーナAブロック席の一本勝負で応募したので、当選を知った時はしばらく唖然。
「1st JAPAN Tour」に始まり、「暁ノ宴」「絢爛和奏演舞会」「日光東照宮」「八重流総会」と、行きたいと思った公演に全部当選できているので、我ながら和楽器バンド運がかなり良いと思います。そろそろマイナスに傾くのではないかと怯えています。

今回も読みにくいレポになってしまいましたが、最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

4