先日の投稿でも話しましたが、5月はじめに弟からうつされた風邪に酷くやられました。
初めに喉の痛みが続いて、数日後からは咳が止まらない状態。
連休中は病院もやってなくて、自宅でただただ安静に暮らす毎日。
連休が明けて、さっそく耳鼻科に駆け込んで薬をもらいましたが、効果なし。
飲み合わせを気にしていられず、とにかく咳を鎮めたい一身で色々と市販の薬にも手を出しましたが、これまた効果なし。
喉に効くという、はちみつ大根おろしを作ったり、はちみつ湯を飲んだり、はちみつをそのまま舐めたりとプーさんも真っ青な量のはちみつを消費。
それでも咳は治るどころか酷くなる一方で、夜もほとんど眠れない日が続き、精神も体力もゴリゴリ擦り減る。
それまでかかった薬代で財政難の状態でしたが、背に腹は変えられないということで、病院を変えることに。呼吸器内科があるクリニックに行きました。
レントゲン、採血、肺活量測定を経て、問診。
「タバコは吸わないんですよね?レントゲン見ると肺が何か白くもやっとしてるんですよ。採血の結果が出ないとはっきり言えませんが、変な肺炎じゃないといいけれど」と。
で、そこで処方された薬を飲んだら、めっちゃ楽になりました。
処方薬が切れてから再度の受診。
「採血の結果を見ると、白血球の値がべらぼうに上がっていました。肺炎だったようです」

ということで、肺炎でした!

5才くらいの頃にかかって入院して以来の肺炎。4月に仕事の事でかなり心身共に落ちてたので、免疫力が低下してトドメをさされたのかも(´д`ι)
どうせなら「しばらく休んでください。仕事に行ってはいけません」とか診断されたかったですが、中途半端に結構治ってきた時期でそんなことも無く。
今日もマスクを付けて仕事に向かう。。。
(( ;*д*))

0