amazarashiとやなぎなぎのライブへ参加してきたので、かるーくレポです。
2日連続でライブ行ったら翌週がしんどい・・・!
そこはかとなくネタバレを含みますので、見たくない方は回れ右で!

amazarashi 5月25日(土)
ツアータイトル【明日になれなかった全ての夜に】
青森出身のアーティストですが、ライブは今回が初参戦です。
座席がなんとド真ん中の前から3番目という最高の席。
amazarashiは顔出ししてないのでライブもスクリーン越し、というのは知ってる人は知ってる事だと思いますが、前から3列目だと、投影される映像の色によってはけっこう透けて見えました!
(帽子を被ってるので目元より下の部分がですね。豊川さんはお顔全部見えた。かわいい)
ライブ中は終始ウルウル、曲によってはボロ泣きしてました。「ヒーロー」とか、「スターライト」とか、「さよならごっこ」とか。ぐさぐさ刺さってきた。
席が前過ぎてスクリーンが文字通りそびえ立ち、頭上から言葉が降ってくるような演出に圧倒された約2時間。
「空に歌えば」でアスパム(青森にある建物)やラビナ(青森にある建物)の前で歌ってるMVが流れて「うぁーーさっき見た建物ーー!」という謎の感動が。こうなったら何にでも感動できるのではないかってくらい涙腺がゆるゆる。
グッズは、タオルとキーホルダーとランダム柄のアクリルキーホルダーを購入(アクキーは「季節は次々~」のジャケットでした!)。
終演後、ライブの円盤欲しいなぁと思ったのですが懐が寒いので我慢。
また青森で開催されたら、行きたいなと思います。あと今回のツアーが映像化されたらたぶん買う。
そうそう、チケット確認のところで缶バッジを頂けるんですけどね。
ツアーで共通なのかと思ってたら、ちゃんとその日の日付がプリントされてて感動しました。金テ銀テより確実に貰えるし良いですねこれ。
やなぎなぎ 5月26日(日)
青森でライブやる、と知ったのが開催の1週間前(笑)
金欠だけど次があるかわからないし・・・ということでチケット取りました。
ライブハウス=スタンディングというイメージしかなかったため、会場に座席が用意されてて驚きました。「全自由」ってそういう意味か!
私は後ろの方でしたが、全員着席していたので楽~に見ることができました。
アコースティックライブということで楽器は鍵盤が2台(1台はやなぎさん自身が弾く)というシンプル構成。その分、歌声がより強調される贅沢空間。音楽でボーカルが聴こえないよ!という事も無く。演出も照明の色が変わるくらい。
とくに鍵盤演奏の「トコハナ」やアレンジされた「テトラゴン」が印象的でした。
欲を言えばキノの旅のOPかEDが聴きたかったですが、こればかりは選択肢が多いので仕方ないですね。
やなぎさん、歌声はもちろんのことですが、トークしてる声も妖精さん。
私、やなぎさんのキーぜんぜん出せないので同じ人類なのかと疑ってしまいます。
「青森また来たいです。洋館が好きなのでそういうところでライブできたら良いな~と」
『洋館』という響きがこんなに似合う人も珍しい。洋館に住んでて欲しい。
藤田記念庭園とか、盛美園とか、どうですかね・・・!
衣装は上半身しか見えませんでしたが、フリフリで可愛かったです。
アンコールでTシャツに着替えた後、「衣装の紹介を忘れました(汗」と(^^ ;)
可愛いから許す~!
 ~拍手お返事~ 

>らぐさん
はじめまして、クルルと申します。
そして、ようこそこちらの世界へ・・・!
アレはなかなかに異色の作品でしたが、楽しんでいただけて何よりです(^^)
今後ともよろしくお願いいたします!

0