今努めてるとこ、もう辞ーめよ。
今まで何度か辞める辞める言って辞められずに来ましたが、今回ばかりは。

6/6に全教職員が一堂に招集され、伝えられました。
「今回からボーナスは出ません」
「来月から給料は2割カットです」

(^q^)

まぁ実際には何をどうしてカットするという暴挙に出ざるを得ないのか、資料を用いた説明を淡々と聞かされたわけですが。
総括すると今までのずさんな資金管理、他の教育機関と比較にならないほど人件費につぎ込まれてる現状、その他諸々の「お前ホントに経営する気あんの?」というお粗末な体制によるシワ寄せが一気に最悪の形で降りかかっている状態。
理事長や、ずさんな運用をしていた会計課の長が頭を下げたりしましたが・・・そんな事されたって何にもならない。
出てくる言い訳は「少子高齢化のせい」ですし。アホかと。
そんなことはずーーーーっと前から分かってた事。他の教育機関だって条件は同じでしょ!

上で書いた、『他の教育機関と比較にならないほど人件費につぎ込まれてる現状』というのは、普通、教員は年間の研究成果や活動状況を鑑みてお給料やボーナスに反映され、悪い状態が続けばクビを切られるものです。しかし、うちはそれが無い。
どんな無能でも、研究室に閉じこもって日がな一日何してるのか分からなくても、まともに分掌を果たしていなくても・・・・・・在職さえしていれば、年々給料が鰻上りです。私のような職員は別ですけど。
資料を見たらコストの約9割が人件費だっていうんだから、笑ってしまいました。家計簿一つつけたことが無いんじゃないか。
そういう状態が「給料カットしなければ潰れる」というこの崖っぷちまで放置されていたのですね。
他の職業でも、業績が悪化すれば減給もボーナスなしも有り得ないことでは無いでしょう。
でも、段階を踏んでいくのが普通であり常識です。
それが、今月来月の話をいきなりされたってこっちは対応のしようが無い。
すでに何かボーナス払いで大きな買い物をしてしまった人もいるかもしれない。
かく言う私だって一軒家を購入するタイミングなんです。私の名義でです。
銀行の審査が通らないかも。支払っていけないかも。家具の新調とか引越し費用とか・・・・・・一気に不安になって、わくわくした気持ちがショボくれています。
月に○十万得ている人は、2割減ったって何とも無いかもしれない。少し趣味や旅行に費やすのを辛抱すれば良いだけかもしれない。
でも職員の私は手取り15万円。7年努めてやっと15万になったところ。
2割削れたら12~3万ですかね。それって初任給と同じくらいか、下手すりゃ以下です。年収にしたら100万以上減る計算。
加えてうちは残業代も休日出勤手当てもナシ。
この給料じゃ貯金や趣味はおろか、毎月の支払いだって滞るかもしれない。
それで今と同じ仕事量をこなせって、週休は今までと同じ1日ねって、完全に舐めてる。

説明会の数日後、上司と職員が個別に面談する機会があって、私は「7月いっぱいで退職したい」旨を告げました。
いままで様々な理不尽やパワハラやモラハラに堪えて何とかやってきたけど、もう無理。
きっとこの仕打ちは序章に過ぎないだろう、ということも容易に想像できます。
失業保険うんぬんのことを考えても、長くいるだけバカを見ると判断しました。
仮に持ち直して黒字になり、皆さんの給料が上がる未来があったとしても「ふーん良かったですね」という感想しか浮かばないでしょう。もう私には関係ない。
今週か来週か、第二の説明会があるのでそれを聞いて最終決定してほしいと上司に言われましたが、まあ条件が変わるとは思えません・・・。

今の最大の関心事は、「会社都合の退職にしてもらう」ことと、「退職金を満額もらう」こと。
私の同期で職分も同じ友人が3月に退職した時は95万ほどもらったそうなので。
数ヶ月の差で私がゼロってのはさすがに、さすがに・・・

8月から自宅警備員か~。
ε=(・д・`*)

0