マイホームの話1」で中古住宅の購入を決めたのが2019年3月末の事。
それから実際住み始めたのが7月中旬。けっこう開きがあります。
これは新居に残された大量の物品を何とかするのに時間がかかったのと、多少のリフォームをしたためです。
まず物品の処理。遠方にいるという息子さんの話では5月のGWに帰省して何とかするという事でしたが、結局片付かず。その後回収業者に全部持っていってもらうことになったらしい。
そのためリフォームに取り掛かれたのが6月中旬から。
状態が良いのでほとんどリフォームは必要なかったのですが、
・居間に縁側を付ける
・2F寝室にあるミニキッチンを外して机を取り付け、書斎風にする
・トイレの交換
・洗面所のドアがトイレのドアと干渉するので、引き戸にしてもらう
をお願いしました。ミニキッチンは多分そんなに使わないのと、水場があっても汚れやカビ原因になりそうだったのでいらないかなと。トイレは何となく、前住人が使ってたのをそのままは生理的に…ということで。洗面所のドアはこれ、設計ミスじゃなかろうか。一人暮らしだと何も問題ないけど、三人暮らしだと同時に開けてぶつかる事態が発生しそうでした。
リフォームが終わるまでに銀行でローンの手続きをしたり、役所で手続きしたり、勤め先から給料下げると通達されて心が荒んだり、色々忙しく動き回りました。
リフォーム会社の手違いがあったり、見積りが中々来なかったりということもありましたが、最終的には満足いく仕上がりに。

そんなこんなで7月中旬。入居目前。
引越し作業で地獄を見ました。
それまで住んでたのが団地の4階。移動手段は狭い階段のみ。エレベータ何それおいしいの?
暑い最中、ひたすら重いダンボールや家具を持って狭い階段を上り下り。
本が満載のダンボールほんと重い。Kindle買って以降はほぼほぼ電子書籍にしてるとはいえ、紙の本も大量にあるわけで(そもそも紙本を置く場所が無くなったから電子に移行している)。あと水槽もエグい重さでした。
くしゃみした拍子にぎっくり腰が再発するし…。
母が頼んだ引越し業者も酷かったのです。そもそも3人来るはずが急遽2人になり、引越しだと言ってるのに大型家具以外のダンボール等は運ばず、しかも運ぶ過程でテレビやベッドを傷物にする下手さでした(4階だから追加料金まで払っているのに、です)。あまつさえ、こちらで個人的に手伝いに来てもらってた知り合いに「あれ運んでください」と指図する始末。

二度と頼まないと心に決めました。あと二度とエレベータ無しの4階には住まない。

怒涛の引越&処分作業を経て、ついに新居での生活。
今まで使っていた家具類は大半を処分してしまったので、しばらくはダンボールひしめく空間に寝袋で寝ていました。水族館お泊りイベント時に用意したものが役に立った…。
その後、ちょうど近場のアウトレット家具店が閉店セールで安売りしてたので、そこでベッドや絨毯やテーブルを揃えることができました。

10月には、とある神社から神主さんを呼んで御祓いして頂きました。別の場所でとはいえ、前の住人が亡くなっていますし、中古だから色々リセットしたいという意味で。
ほんとは入居前にやった方が良いんですが、色々わたわたしてたら先延ばしになってしまった…。

そんなこんなを経ているうちに、もう12月も終わる。新居に暮らして約半年。あっという間です。
今は暖房の使用でどのくらい光熱費がかさむかビクビクしている状態で。今年は今のところ暖冬だからまだマシかもしれないけど、24時間ボイラーを稼動しっぱなしにしとくというイマドキ設備は、ただでさえ貧乏性の自分には恐ろしいものがあります。
加えて、家を買った矢先に無職になるという崖っぷちな状態です。
こんなに環境が変わるとは、昨年の今頃はまったく予想していませんでした。今でもまだ、一軒家に住んでるのなんて全て夢だったんじゃ?と思うことがあります。
色々支払いがキツくなって手放すことにならないよう、頑張らないと…

備忘録ついでに長々と書いてまいりました。
ここまでお付き合いくださりありがとうございました。
こんなサイトを覗きに来てくださる皆様には感謝してもしきれません。
今年もお世話になりました。良いお年を!

2