本日、祖母宅の犬(ポメラニアンのぽんた)が行方不明になりまして。
結論から言うと、無事に戻ってきたんですが。
室内で飼っていて、外に出るまでに柵やら扉やらで4つくらいの障害があるのですが、不注意によりことごとく開放状態になっており、その隙に出て行ってしまったらしい。
ご近所さんやぽんた氏の事を知ってる方々が捜索に協力してくださり、さらに「迷い犬を探しています」と農協経由で村内放送までかけてもらったところ、保護して下さった方が農協に連れてきて下さり、さらに農協の方が祖母宅まで送り届けてくれたとのこと。何というお騒がせ……

保護された当時の様子を聞くに、どうやら普段の散歩コースとは全然違う方向へ冒険しに行った挙句自分でも帰り道が分からなくなり、偶然近くを通りかかった人の後ろを「僕を保護してくれ」とばかりに離れずついて歩いてたようで……なんか人間の迷子みたいだな。
その方が放送を聞いて「この犬だ」と気付いて下さって幸いでした。
失踪期間約2時間、方々を探しまわった人間たちが安堵とともに多大なる疲労を覚えたのは言わずもがな。

……という午前中のできごとの経緯を、仕事の昼休みに母からのLINEで知った私。
職場に携帯持ち込めないので、そんな事件が起こっていたとは露知らず。そりゃもう驚きました。
全て解決したのでこうして笑い話のように書けますが、見つかってなかったら今ごろ生きた心地がしなかったでしょう。

今回はぽんた氏の小心かつ人懐こい性格が幸いしましたが(普段から自分を人間と思ってる節があり、犬より人と戯れたがる)、一歩間違えば事故に遭ったり悪いものを食べてしまったり、悪意のある人に連れていかれたり、場合によっては誰かに怪我をさせていた可能性もあったことを考えると肝が冷えます。
祖母も今後気をつけてくれるとは思いますが、何か対策を考えねば

 

以下はお題箱へのお返事になります。

10/13「蛮骨が子供化する話」をリクエスト頂いた方

はじめまして、管理人のクルルと申します。
最近蛮骨にハマられたとの事で、新たな同志様に巡り会えて私もとても嬉しいです!
作品をお読み頂いた上にご感想まで……!お見苦しいところも多々あったかと思いますが、楽しんでもらえていたら幸いです。オリキャラたちも魅力的とのお言葉、本当、泣くほど嬉しいです。
リクエストにつきまして、幼児化については他の方からもご要望頂いていたり、私自身も書きたい!と思っているネタがあるので、いつか書けると思います。というかぜったい書きます…!
こんなサイトですが、マイペースに運営していきますので、今後ともよろしくお願い致します(^^)

1