自分、これまで犬夜叉のワイド版は1冊も所持しておらず。
原作をすでに持ってるので、同じ話が収録されている本を買う必要性を感じてなかったんですね。
何というか、ワイド版てこれから漫画を集め始める人向けにぎゅっと詰め込んだやつだろうというイメージで。
発売されてたこと自体、だいぶ時間が経ってから知りましたしね。
ですが、今日ふと思い立って仕事終わりに買って帰ったのです。七人隊編が収録されてる13~15巻。
夕食後にさっそくパラパラ捲り「わ~紙が白いー」だの「サイズ大きいー」だのとキャッキャウフフしていました。
が、巻末にキャラ解説と高橋先生のインタビューがあるのを見て
(´⊙ω⊙`)
↑ こんな顔に。
えっ!はっ!?こんなのが載ってるなんて露ほども知らんかったよ!?

……なぜ誰も教えてくれなかったんだ(無茶言うな)

七人隊という敵キャラが生まれた経緯とか、生前についての事とか……えっ、こんなところで語られてたんですか……知らなかったの自分だけだな(震え声)
ワイド版の発行が2014年……そ、そうか……発売直後に手にしていたら7年前にはアップデートできてた情報に今ごろ気付いたのか。
こんな大事な情報を知らない状態で妄想だけしてたって、すごい間抜けだった。恥ずかしや。
七人隊について考える材料が格段に増えて嬉しい限りなんですが……自分がちゃんと情報収集してればもっと早く……あーもーほんとにもー。

5