真実

先の出来事から数日が経った。
屋敷に帰ってから秋雪に手当てしてもらった傷口は、まだ痛むものの塞がりつつある。
安静にしていろと言われ、隼人はろくに動くこともできずにいた。
動けたとしても外には行けない。
あの日以来、離れに数人の見張りがついているのだ。
父の命令かお染の命令か、はたまたおかみに手を出した隼人に警戒する使用人たちの判断か。
四六時中見張られている。
部屋にいるので直接視線を受けることはないが、それでも息が詰まりそうだった。
空気を入れ替えようと、そっと窓を開ける。
その隙間から、あの場所が見えた。
お悠の花があった場所。
そこは誰かに掘り返され、もう何もない。
何年も咲き続けた花があった痕跡は、少しも感じられなかった。
重く息をついて、視線を逸らす。
窓辺に寄りかかり、隼人は顔を俯けた。
もう、なにも許されない。
外に出ることはおろか、花を眺めることすら。
許されるのは、こうして引きこもったような生活を送ることだけだ。
煉と秋雪も、あの日を境に姿を見せなくなってしまった。
二人はどうしたのだろう。もしかして、罰せられてしまったのか。
不安と自責の念がのしかかる。
「隼人さん」
その時、頭の上から声がかかった。
驚いて顔を上げると、窓の隙間から嵩重が顔を覗かせている。
「嵩重……」
人が来ないのを確認して、嵩重は小声で話した。
「傷の具合はどうですか?」
「あ、ああ。もう大丈夫だ。それより、煉と秋雪を知らないか?」
問うと、大男は困ったように首を振った。
「あっしもずっと会ってませんで…。お二人とも、どこへ行ったんでしょうかね」
「そうか…」
遠出をしているとしても、隼人に一言も告げないのはおかしい。
心配そうな表情の隼人を、嵩重がなだめる。
「お二人のことだから心配はいりませんよ。では、あっしは仕事に戻らないと……」
「ああ。会いに来てくれてありがとな」
窓越しに見送り、嵩重の背中が見えなくなると、隼人は一つ息をついた。
ふと視線を巡らせ、彼は首を傾げる。
見覚えのない男が、庭を歩いている。
背が低く、顔の半分以上を布で覆い隠していた。
新しい奉公人だろうか。
異様な雰囲気を漂わせるその男をしばらく目で追っていたが、やがて興味が失せた隼人は窓を閉めて部屋に引っ込んだ。

それから二日後。
やはり姿の見えない煉と秋雪を心配していた隼人のもとに、訪れた者があった。
「隼人」
障子の向こうから発せられた声に、隼人は息を詰めた。
隼人が応える前に、障子戸が開けられ、その向こうから父が現れた。
「おや…じ……?」
まさか父がこの離れに来るとは思っていなかったので、隼人は言葉が出てこない。
「どうした隼人。表情が硬いぞ」
父はいつもの態度からは想像も出来ない穏やかな声をしている。
「親父が、なんでここに……?」
父が近づいてくる。
隼人は僅かに後退った。壁に背が当たる。
「何でとは……息子に会いに来たのだが?」
息子、と口の中で繰り返す。
違う、父は自分を息子だなどと見てはいない。
隼人は胸の内で首を振って否定した。
「傷の具合はどうだ。お染もあの後気にかけていてな」
いたわるように傷口に伸びてくる父の手を、隼人は咄嗟に払いのける。
「大丈夫だ…気にしなくていいから、早く出て行ってくれ!」
睨みつける隼人に、父は困ったように眉を寄せた。
膝を折って目線を合わせると、隼人の手を自分のそれで包み込む。
隼人は驚愕で目を見開き、声を失う。
「すまなかった…」
父は隼人の目をまっすぐに見つめ、悲しげな顔をした。
「お前への今までの態度、本当にすまなかったと反省している。
 謝っても許されるものではないな、それもわかっているよ。
 私もずっとお染の言いなりになってしまって、大切なものを見失っていた…」
隼人の手を握りこみ、もう片方の手を頬に沿える。
隼人は無意識に身体を震わせた。
どうしたら良いのかわからない。 突き放せば良いのか――?
父の言うことを信じるな、と心の中で思っているのに、同時に仄かな期待が湧き上がってくる。
「気付けばお前もこんなに大きくなっていたのだな。
 なのに私は、お前をこんな監禁状態にして……どうかしていた」
「親父……」
「まだ、父と呼んでくれるか。隼人」
父に名を呼ばれる。
そんなことが、自分でも意外な程に嬉しい。
そのことに気付いて、隼人は頬にある父の手に恐る恐る手をかけた。
節くれ立った手がある。顔を上げれば、穏やかな瞳が。
「親…父……」
父は一つ頷くと、隼人に微笑みかけた。
「お染とも相談してな。お前が望むようにさせてやろうと思う」
「望むように…?」
「そう。家を出たいと言っていただろう」
隼人の目が大きく見張られる。
「いい、のか……?」
「ああ。もうお前を縛り付けたりはしないよ。そうだな、明日にでも旅立ちを祝う宴を催そう」
首を傾けて微笑む父は、そう言うと立ち上がった。
「明日の夜、私の部屋へ来なさい。親子二人で、酒でも飲み交わそうぞ」
部屋を出て行く父の姿を、隼人は呆然と見送った。
しばらく後に我に返った隼人は、速くなった鼓動を落ち着かせて父の言葉を思い出す。
「自由に、なれる……」
状況を把握するとともに、素直な喜びが胸の内に広がっていった。
やっとこの家から出られる。
今年中に、と父は言っていたが、まさかこんなに早く叶うとは。
このことを教えたら、きっと煉も秋雪も一緒に喜んでくれるだろう。
「そうだ、煉たちは……」
彼らがいないのを思い出し、隼人は困った顔になる。
明日の夜までに戻ってくるだろうか。
出て行く時は二人も一緒にと決めていたのだ。
「大丈夫かな、たぶん」
何とかなる、と信じて、隼人は嬉しさにまた淡い笑みを浮かべた。


一日経っても結局二人は戻らないままだったが、隼人は約束の通りに夜になると父の部屋を訪れた。
呼びかけると襖が開いて、昨日と同じように笑顔の父親が快く迎え入れる。
「待っておったぞ。さ、座りなさい」
部屋の中には父しかいなかった。
お染がいないので心が軽くなり、隼人は促されるままに父と向かい合って座す。
「明日には出発するのだろう?
 お前ともっと話す機会を作ればよかったと、今になって深く後悔している」
徳利を傾け、酒を注いだ杯を手渡しながら父が言う。
それを受け取った隼人は、じっと父の顔を見つめた。
こんな日がくるとは夢にも思わなかった。
やっとわかってもらえた、親子の関係を取り戻せたのだと、目を細める。
父も自分の器に酒を注ぐ。
「さあ、飲みなさい。親子で飲む酒は、きっと美味かろう」
父がぐっと酒をあおったので、隼人もそれにならい酒に口を付けようとした。
が、直前で眉をひそめ手を止める。
そのまま父を見ると、彼はすでに二杯目をあおっていた。
「どうした? 飲まぬのか?」
父が首を傾げる。隼人は再度杯に目を落とし、一つ息を吐いた後で一気に飲み干した。
「おお、良い飲みっぷりだ。どれ、もう一杯ついでやろう」
父が杯に注ぎ足そうとする。だが隼人は彼から徳利を取り上げて自分で注ぎ込んだ。
入れては飲み入れては飲み。それを繰り返す。
父は一瞬虚をつかれた風情だったが、すぐに満足そうに微笑むと自分も他の徳利に手を付けた。
「お前も大層な酒好きなのだな。この酒は美味いだろう?」
隼人は無言で酒を飲み続ける。
徳利が空になる頃には、そろそろ身体に変化が現れていた。
酔いのような心地よいものではない。
身体の奥からじんじんと熱が生じ、鼓動と共に痛みに変わっていく。
傾きかける体を支えながら、隼人はのろのろと口を開く。
「……こんな家に生まれなきゃ良かったよ」
掠れそうな呟きを聞いて、父は口の端を吊り上げた。
「そうだな、自分の運命を呪うがいい」
がらりと語調を変えた父は、隼人の傍に膝をついた。
腕の支えがきかなくなった隼人の身体が、畳に崩れ落ちる。
「毒が回っただろう。一口でも猛毒だというのに、あんなに飲み続けるとはな」
隼人は力なく笑った。
「どうせなら、望みの通り全部飲んでやろうと思ったのさ……
 でも……お前も同じ酒を飲んでいたはずだが……」
「毒は酒に仕込んでいたのではない。器の底に塗ってあったのさ」
ああ、と隼人は妙に納得して、口の端を上げる。
直後、喉が焼け付くように痛んだ。
咳き込むと同時に血が飛び散る。
視界を彩る赤が己のものだとわかっていても、何故だか気が騒ぐことはなかった。
「やりましたか」
静かな声音が頭上から降ってくる。
視線だけを巡らすと、お染がそこに佇んでいた。
無意識に小太郎の姿を探すが、幸い彼はいないようだ。
良かった。こんな姿を晒したら、また小太郎を怖がらせてしまう。
「まだ死んでいないのですね、しぶといこと」
お染の蔑むような視線を感じる。
「時間の問題だよ。もう動くこともできまい」
父は愉快そうに笑みながら、隼人の顔を覗き込んだ。
「どれ、お前が黄泉の国へ旅立つまで、一つ面白い話をしてやろうか」
隼人が瞬きすると、父は彼の襟に手をかけてぐっと顔を近づけた。
「お前の母親、お悠はな、死んだんじゃない。―――殺されたのさ」
隼人の瞼が震えた。
告げられた言葉に、息を呑む。
「殺したのは、誰だと思う?」
「まさ…か…」
声と共に、新たな血の流れが口の端に伝った。
「私と、お染だよ。そう、ちょうどこんな風になぁ」
懐から薬の包みを取り出し、軽く振る。
「その時使った毒はこれほど強いものではなかったから、お悠はすぐには死ななかった。
 だがやはり、数日後にはきちんと逝ってくれたよ」
隼人の脳裏に、遠い昔の母の姿が蘇る。
優しい母の姿。そして、ある日を境に見る間に弱って死んでしまった母―――。
「ど…して、殺した……!?」
「決まっている。お染を妻に迎えるためだ」
隼人は愕然と目を瞠る。
速い呼吸が喘ぎのように口から漏れる。
「お前は知らなかったかもしれないな。この裕福な家はな、もともとお悠の家の物だったんだ」
「な……」
「お染を妻にして、尚且つここの財を自由に使うには、お悠が邪魔だ。
 どうせお悠は親もとうに死んでいるし、彼女がいなくなっても口をはさむ者はない。
 病死に見せかけて殺すのが一番簡単だったのさ」
この家の主になって、もとから浮気をしていた相手を妻に迎えて。
父の計画は面白いほど上手くいった。
「残るはお前だ……隼人」
お染も隼人の横に座して血にぬれたその顔を愉しげに眺める。
「あんたの顔……お悠によく似たその顔を見るたびに、あの女が生きているようで虫唾が走ったよ。
 でももうそんなことも無くなる。……早く死んでおくれ」
冷たく言い放つ。
隼人は驚愕と苦しみに顔を歪めた。そして不意に、大きく目を見開く。
「煉と……秋雪、は……」
父はフンと鼻を鳴らす。
「まだ死んでおらんよ。だが、お前を毒殺したとして、首の一つも刎ねてやるつもりだ」
「なん……っ!!」
「安心しろ。黄泉路を行くのはお前一人ではない」
隼人は必死に指先を動かした。
自分が死ぬのは構わない。でも、煉と秋雪がいるのなら、まだ死ぬわけにはいかない。
「往生際の悪い」
低く呟いてお染がその手を踏みつける。
喉が焼け付く。内腑が鷲掴みにされているように痛い。
視界がかすみ、息も途切れ途切れの隼人は、その時何かが近づいてくる音を聞いた。
気付いた父とお染も首を巡らせる。
どかどかと大きな足音を立てる者は、部屋の襖を勢いよく開け放った。
「隼人さん……!」
現れた嵩重は血に染まった隼人を見て色をなくす。
ずかずかと隼人のもとまでやって来た大男は、動けないまま瞠目している彼を抱えて父とお染を睨んだ。
二人は無意識に身をすくませる。素手で敵わないのは目に見えているせいか、攻撃してこようとはしない。
「お前は……雇ってやった恩を忘れたのかい!」
「あっしはこの人の方が大切だ!!」
怒号した嵩重は、身を翻して駆け出した。
お染は怒りの滲む瞳でその背を追う。
「人を呼びますか」
「いや、逃げおおせたところで死は免れない。明日にでも家の者たちに死体を探しにいかせればいい」
十分に余裕を持った表情で、父は口元を歪めた。


隼人を抱えた嵩重は、一目散に門から外へ出た。
そのまま暗い道をひた走る。
隼人がのろのろと顔を上げた。
「嵩……お前…」
「奉公人たちが話しているのを偶然聞いてしまったんです。
 おかみとご主人が隼人さまに毒を盛ろうとしていると。それで急いで来たんですが……」
手遅れだった。
自責の念に駆られ、嵩重の顔が歪む。
隼人は一度目を閉じると、力の入らない指である方向を指差した。
「あっちだ……あっちに行けば、知り合いの家がある…」
「知り合い?」
嵩重は隼人の指差す方向へ駆けた。
その顔に焦燥の色が浮かぶ。
着物越しにでも、隼人から大量の汗が噴き出ているのがわかる。
しばらく走っていると、仄かな光が見えた。 家があるのだ。
脇目も振らずにそこへ辿り着くと、嵩重は乱暴に戸口を叩いた。
「開けてくれ!! ここを開けてくれ!!」
すぐに戸口が開けられ、一人の男が顔を出した。
「騒々しい。こんな時間に誰だ……―――隼人!?」
戸口に立った剣の師匠は、中の明かりに照らし出された隼人の姿を見て驚愕に言葉を失った。

<終>

0

【前世編へ戻る】